掛け軸 開運七福招来図 江本修山 尺五 桐箱 床の間に開運掛軸縁起画掛軸をどうぞ -掛軸


限りない福運を招く福々しい七人の神様が集う
掛軸(かけじく)とは、書や日本画を裂(きれ)や紙で表装して、床の間などに掛けて鑑賞するものである。掛物(かけもの)とも呼ばれる。日本の室内装飾では重要な役割を果たしている。~Wikipedia
縁起画掛け軸で開運の空間を創造する!一幅の掛軸が床の間を演出いたします!
旭日の黎明を浴びて鮮やかな真紅に染まる霊峰不二を遥かに望み、七人の福徳の神様「七福神」が福々しい笑みを浮かべて集う、めでたさこの上ない作品です。長寿の象徴である松に、驚異的な成長力を誇る竹、紅白の彩りがめでたい梅の「歳寒の三友」と、優雅に飛翔する鶴の群れがより一層の華やかさを添え、床の間に吉祥開運の機運が満ち溢れます。あらゆる福運を招く題材が一堂に勢揃いした縁起画の決定版です。

●54.5×高さ190cm(尺五サイズ)
●本紙・・・新絹本
●軸先・・・陶器
●桐箱畳紙収納
●表装品質十年間保証付き
※オプションで尺三タイプを選べます
●幅44.5×高さ164cm(尺三サイズ)
●化粧箱収納

日本画構図の開発と国内生産品にこだわった製品です!
作品は特殊印刷に手彩色仕上げとなっています。
送料無料サービス中♪
GEDORE ラチェットハンドル 3/8 3093U‐20【送料無料】